ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

予防的メンテナンス2

2016年9月26日

院長イラスト小.jpg
前回の 予防的メンテナンス1 の続きのお話をします。

予防的メンテナンスの方々は、歯周病をなおす患者さんというよりは、まだ歯周病になっていない患者さんが圧倒的に多いという感じです。。

しかし予防的メンテナンスの対象の患者さんには、メンテナンスの重要性を理解していなければ、通院は期待できません。

メンテナンスの来院時に「また来よう!」と感じてもらえなければ、次回の来院は、なにか問題が起こってしまった場合のときとなってしまいます。だけ。

こちら側でも、本当にメンテナンスが必要なのだろうか迷うこともあります。元々生まれた資質で良好な状態が保たれる方も結構多いからです。

予防的メンテナンス2.jpg

私の中では、年齢でメンテナンスの線引きしているところがあります。

22歳以下で、良い状態が保たれている人には、メンテナンスの大切さをお伝えする程度にしています。

ただし、30歳を超えると、いかに良い状態であろうが、メンテナンスの大切さと必要性をしつこくお話するようにしています。

30歳という年齢にエビデンスはありませんが、私の個人的な経験そして歯科医師としての感覚から、概ねこの30歳あたりから生活におおきな変化があり、歯周病の病気の芽が生まれる頃合いだと感じているからです。

予防的メンテナンス1

2016年9月19日

院長イラスト小.jpg
前回は、メンテナンスの分類 をお話ししましたが、今回は、予防的メンテナンスについてお話しします。

予防的メンテナンスとは、歯周病の症状が出ていない人を対象としたメンテナンスをいいます。

歯周病の症状が出ていない人を対象としていますので、動的治療からの移行基準を完全に満たしているグループといえます。

ただ、注意しなければならない方もいます。

①まだ若いから歯周病に罹患していない方、
②ブラッシングが良くないけれどもたまたま歯周病が進行していないという方
等は要注意です。

こういった方には、歯周病の予防のモチベーションは 結構困難な場合が多いんです。

また、その逆の方もいらゃいます。
③歯の磨きすぎの方です。日常のお手入れが熱心なのはいいのですが、オーバーブラッシングになっていることも多いですね。
こういった方への教育も結構大変です。

上記の方は、予防的メンテナンスをしていく方の中では、一部の方となります。

予防的メンテナンス1.jpg

実際には、メンテナンスをしていく患者さんが、予防的メンテナンスのグループに属せば、技術的にも診断的にも、助かります。ただし、このグループの方は、継続してきてもらうのが難しいといえます。

メインテナンスの間隔は長く、一回の施術時間も短くて済みますが、同じ事の繰り返しとなりますので、数回で通院が中断するケースがとても多いんですね。

本当は油断せず、キチンと通っていただければ、一番安心できるグループなのですが・・・。


2016年度の竹の里小学校の学校保健委員会が開催されました。

2016年9月12日

院長イラスト小.jpg
竹の里小学校で9月7日に、今年度の学校保健委員会が開催されました。

私は学校歯科医という立場で、毎年参加しており、毎年9月ごろ開催されます。
 
そのメンバーには、校長先生・教頭先生、竹の里小学校の数名の先生、学校内科医、学校眼科医、竹の里小学校の保護者さんでした。

2016年学校保健委員会.jpg

昨年は、虫歯や歯肉炎の予防について話をしましたが、今年はフッ素についてお伝えしてきました。

虫歯のできる原因、虫歯の症状、虫歯予防の4つのポイント、フッ素とその働き、フッ化物の応用法について、フッ化物洗口法についてお伝えしました。

特に、夜の保護者の仕上げ磨きに重要性を力説してきました。

次回に、竹の里小学校に行くのは、秋の歯科検診の時になります。


メンテナンスの分類

2016年9月 5日

院長イラスト小.jpg
前回 (動的治療とメンテナンス1 動的治療とメンテナンス2) でにお話ししましたが、動的治療の終了後にメンテナンスが始まりますが、柔軟にメンテナンスを考えるということが大切です。

すべての動的治療のゴールが、究極のメンテナンスへの移行基準に当てはまらないので、その処置方針を決めていく必要があります。

メンテナンスは、

1.予防的メインテナンス
2.治療後メインテナンス
3.試行的メインテナンス
4.妥協的メインテナンス

の4つに分類されます。

メンテナンスの分類1.jpg

同じ人の口の内でも、その場所によって歯周病の進行度も変わってきますので、人で分類するのではなく、部位で分類することもあります。

実際メンテナンスを続けていく以上、『患者さんとは、ながいお付き合いになる』という前提があります。

メンテナンスは、継続が一番大切です。

患者さんのQOLをいかに高めるか?そのために必要な手段がメインテナンス、と私は考えています。

平成28年9月のさかの歯科の休診日のお知らせ

2016年9月 1日

平成28年9月のさかの歯科の休診日のお知らせ

  4日()     7日(水)   
11日()   14日(水)
18日() 19日(月)  22日(木)  
 この週の21日(水)は診察します。
25日()  28日(水)    

よろしくお願いします。

前の5件へ 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19
院長紹介 カレンダー

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー アーカイブ