ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

治療した歯は虫歯にならない

2019年2月11日

院長イラスト小.jpg

治療した歯は虫歯にならない?って本当でしょうか?

時々患者さんカラーこういった質問をされることがあります。虫歯治療しても、その歯が二度と虫歯にならないなんてことは、決してありません。

もちろん詰め物や被せ物は人工物なので、それ自体が虫歯になることはありません。しかし詰め物や被せ物の下には、本来の歯があります。そして詰め物や被せ物と歯の隙間から虫歯菌が侵入すると、その奥にある歯が虫歯になってしまうのです。

治療した歯は虫歯にならない.jpg

なぜ、詰め物や被せ物に隙間ができてしまうのでしょうか?

それは、詰め物や被せ物の劣化が考えられます。つまり劣化が始まると、歯との接着がはがれてきて、隙間が生じてしまいます。

そのうえ、虫歯治療で神経を除去していると、歯との接着がはがれてきて、隙間が生じても痛みを感じることができません。そして二次虫歯になっていることに気づきにくいです。

詰め物や被せ物の劣化を防ぐ方法として、詰め物や被せ物の素材をセラミックにすると良いといわれています。

セラミックは金属に比べて寿命が長いので歯との接着の相性が良く、その上銀歯やプラスチックよりもプラークが付きにくいという特徴もあります。つまり、虫歯や歯周病になりにくい素材といえます。

ただし、セラミックは保険が適用されないため、費用が高くなってしまいます。

一番大切なのは、定期健診で虫歯など問題が出てきているかどうかを歯科医院でメンテナンスすることではないでしょうか?そうすれば、自覚症状が出ない虫歯があっても、早く発見でしますよ。


「HAKUHOインプラントミーティング」の講習会に行ってきました。

2019年2月 4日

院長イラスト小.jpg

H31年1月27日に「HAKUHOインプラントミーティング」の講習会に行ってきました。

現在、さかの歯科では、患者さまの症例に応じたインプラント治療に対して、POIインプラントSpline®・Tapered Screw-Vent®・Tapered SwissPlus®など、多種多様なインプラントを用意させていただいております。

また、ガイドシステムをはじめインプラント診療を補助する様々な器材もあわせて使用しています。

この講習会では、「長期症例から考える歯科医療の過去と未来」と題した基調講演がありました。そして各カテゴリーを代表する演者から、これからのインプラント治療を多種多様・多方面より講演がありました。

講演の内容としては、

抜歯即時埋入インプラント治療の展望

②ライフステージから考える上顎インプラント治療

③期の臨床データから診たSplineの信頼性

④私の臨床を変えるきっかけになったスプラインインプラントとCGF・AFG

H31 HAKUHOインプラントミーティング.jpg

多数の演者から、インプラント治療に参考になる講演が聞けました。

あすからの治療に役立てたいと思っています。


歯磨きはいつからはじめるか?  

2019年1月28日

院長イラスト小.jpg

歯磨きはいつからはじめるか?時々患者さんから質問されます。

乳歯は生後6ヶ月くらいから、下の前歯から生え始めます。

そして、この時期はガーゼや綿棒などで清掃をしましょう。そしてこの時期は、まず口の中に道具がはいることに馴れさせることも大切です。そして子供が馴れてきたら徐々に、歯ブラシに替えていきます。

歯磨きはいつからはじめるか?.jpg


1歳ごろなると、上下の前歯が生えてきます。とくに上の前歯は唾液が届きにくく、自浄作用が小さいので、この時期に糖分の多いものをとる習慣になると虫歯ができやすくなります。

また、夜寝る前にほ乳瓶でジュースやスポーツ飲料を飲ませることはやめましょう。この時期に最も多い虫歯の原因になります。(ほ乳瓶齲蝕と言われています。)

そしてこの時期は寝かせ磨きをしましょう。そして保護者は、口の中をのぞき込むような姿勢で磨きましょう。

遊びの延長のような感覚で、楽しく歯磨きをしていくことがコツです。



永久歯の先天性欠如

2019年1月21日

院長イラスト小.jpg

永久歯の先天性欠如が、10人に1人の子どもに"足りない歯"があるってことをご存知でしょうか?

永久歯の先天性欠如の有無を確認するのは、実はとても簡単です。

7歳までに歯科医院(一般歯科、矯正歯科)を受診してください。そして、パノラマエックス線写真で確認するよう提案しています。

パノラマエックス線写真は口の中全体を1枚のエックス線写真で撮影する方法なので、あごの骨全体を簡単に撮影できま

永久歯の先天性欠如.jpg

そしてもし、先天性欠如が見つかったら、長期的な治療計画(対処法)を立ててもらってください。

考えられる計画としては、乳歯をできるだけ抜かずに、長く保存しましょう。そして抜けてしまった後はブリッジやインプラントで永久歯のない部分を補うことになると思います。

そして、その治療計画と同時に、治療を行う最適な時期やその時期までの注意事項なども、きちんと教えてもらっておいてください。

歯並びや咬み合わせに問題が生じることが多いので、こういったことを理解したうえで、残っている乳歯を永久歯の代行歯として大切に使いながら、管理を続けることが大切なのです。



 




歯みがきをいやがる子供 

2019年1月14日

院長イラスト小.jpg

歯みがきをいやがる子供さんの比率は結構高いと思います。

しかし私は、患者さんにはいつも次のように話しています。

歯みがきをいやがる子供さんとの「根比べ」なので、決して子供さんに負けないでください。』

親としては、子供の2歳ぐらいなると、歯みがきの習慣をつけたいものですね。

しかし、いやがってなかなか歯みがきをやらせてくれないと、「いやがっているのに、なにもそこまでして歯をみがかなくてもいい。」と歯みがきをやめてしまう方がいらっっしゃいます。

また、「今はいやがっても、そのうち自分で歯ブラシをするようになるだろう。」と歯みがきの習慣を先延ばしにしてしまう方もいらっしゃいます。

また、面倒くさいという心理も、多少なり、はたらいてしまいます。

歯みがきをいやがる子供.jpg

しかし、この時期に、この妥協をすると確実に虫歯はできてしまいます。そうなると、歯みがきよりもっともっと大変な歯科治療をすることになります。

歯みがきができない子供にとって、歯科治療はとても困難な経験となってしまうでしょうね。そして子供に虫歯ができてしまうということは、強引に歯みがきをすることよりもっとかわいそうなことになってしまいます。

また、ほおっておいても子供は自分からすすんで歯をみがくことは絶対にありません。子供が嫌がっても、やはり親が根気強く、少しづつでもいいから、歯みがきの習慣をつけてあげることがとても大切なのです。

前の5件へ 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19
院長紹介 カレンダー

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリー アーカイブ