ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

仮歯

2018年10月15日

院長イラスト小.jpg

今日は、歯科治療で使用する仮歯についてのお話です。

仮歯は、歯科治療には欠かせないものです。

いったいどんな時に仮歯を使用するのでしょうか?

①前歯の治療の際には、見た目を整えるために仮歯を使用します。

②噛み合わせがなくなりそうなときには、仮歯によって噛み合わせを保持するために使用します。

③治療している歯の予後が不安定な場合には、治療の経過を見るために使用されます。


仮歯.jpg


仮歯の物性は、常温型重合レジンというものでできています。

これは粉と液を混ぜると30秒~60秒くらいで固まる物質なので、これが固まる前の餅状の状態の際に、ある程度形を整え、完全に固まってから歯の形に整形していきます。歯科治療の中で非常に操作性に優れた材料です。

しかしこの材料は永久的に使えるものではなく、強度が弱く、すぐに割れたりかけたりすることが多いのが欠点です。また吸水性もあり、1~2か月すると黄ばんできて、すこし臭いもでてきます。

まれにですが、仮歯のままで治療を放置してしまう患者さんがおられます。仮歯の状態でそのままに放置すると、歯肉に炎症が起こってしまい、せっかく型取りした差し歯が合わなくなることがあります。

仮歯が入ったままで、しばらくい治療が中断になってしまっている方は、出来るだけ早く歯医者さんに行きましょうね。


ドライマウス

2018年10月 8日

院長イラスト小.jpg

ドライマウスとは、唾液が分泌されずに口の中が乾いてしまう状態のことを言います。

正式には、「口腔乾燥症」と言います。

唾液はとても重要な働きをしています。口内を中和し、食塊を洗い流して、虫歯、歯周病を予防してくれます。しかし、口内の唾液が少ないと虫歯や歯周病になりやすくなります。


ドライマウスの原因には、水分補給が足りないこと以外にも様々な原因があります。

①口呼吸・飲酒・喫煙・ストレス・内臓疾患 

②薬の副作用・加齢

そしてドライマウスの症状、つまり唾液の分泌が少なくなってきたら、内臓疾患の可能性を疑ってみる必要があります。


ドライマウス.jpg


<予防方法>

まず、たくさん噛んで食べるようにしましょう。そうすると、唾液の分泌も良くなり、ドライマウスを予防することができます。

また、普段から鼻呼吸を心がけましょう。そして、睡眠中は、口呼吸をしている人が多いので、寝る時にマスクを着用するのも一つの方法です。そうすれば、ドライマウスの症状を抑えるとこができます。

また、飲酒を控える、禁煙する、ストレスがかからない生活を心がける、などがよいでしょう。す

最近、「口の中がやけに乾く」など気になる方や、お心当たりのある方は、さかの歯科にお気軽にご相談ください。 


睡眠時無呼吸症候群 その2

2018年10月 1日

院長イラスト小.jpg
前回のブログでも書きましたが、睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まった状態が断続的に繰り返されてしまう病気のことをいいます。つまり、無呼吸状態が断続的に繰り返されてしまうのですので、リスクの大きい病気として考えられ睡眠時無呼吸症候群ています。

その治療方法として

①減量
睡眠時無呼吸症候群の患者さんには、肥満の方が多く、減量すれば睡眠時無呼吸症候群の症状がよくなるがあります。

②禁酒
飲酒すれば、気道の筋肉が脱力します。就寝前は、できるだけお酒を飲まないようにしましょう。

③精神安定剤の制限
精神安定剤の中には、気道の筋肉が脱力するものがあります。これが、無呼吸を助長してしまいます。こういった精神安定剤を服用されている患者さんには、主治医との相談のうえ服用の制限をします。

④禁煙
喫煙によって、血中の酸素を低下します。そして喉頭部の炎症を起こし、睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させる傾向があります。

⑤マウスピースで治療する事があります。別名スリープスプリントといわれ、このマウスピースで、上あごよりも前方に出すところで下あごを固定させると上気道を広く保つことができます。
いびきや睡眠時無呼吸症候群の発生を防ぐ治療方法です。

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース.jpg

さかの歯科でも行っておりますので、睡眠時無呼吸症候群にお困りの方はご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群 その1

2018年9月24日

さかの歯科院長似顔絵拡大.jpg
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まった状態が断続的に繰り返されてしまう病気のことをいいます。つまり、無呼吸状態が断続的に繰り返されてしまうのですので、リスクの大きい病気として考えられています。

この病気では、夜間に十分に睡眠がとれないので、日中にだるさや眠気がでてきます。そして集中力もなくなり、よく居眠りをする、というような症状が出ます。

集中力や居眠りの症状が大きくなる、居眠り運転やそれに伴う事故を起こすことにもなりかねません。

診断基準として、
①一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。
②睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこること。

そして、その多くが軟口蓋と舌の沈下により、気道が閉鎖し、息ができなくなる閉塞性無呼吸です。(下図)


厚生労働省では睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、
❶5年後の生存は84%(5年後の死亡率は16%)、
❷8年後の生存は60%(8年後の死亡率は40%)
と報告しています

次回に続く。。。。。。。

歯ぐきのマッサージ

2018年9月17日

院長イラスト小.jpg

肩こりの原因は、血流が減少し滞ってしまうからなので、肩こりはマッサージをしてこりをほぐして血流改善をすることが大切ですね。

つまり、マッサージは、血の巡りが良くする効果があり、滞っている不純物も排出されるます。

そしてこれは、肩に限局されるものではなく、全身に効果があると言われています。

つまり、歯ぐきのマッサージ効果も例外ではなく、マッサージをすることにより血管やリンパ液の流れがよくなり歯ぐきも以前よりいきいきとしてきます。

ただし、歯周病の治療自体は歯科医院で行うものですので、正しいマッサージの方法を歯科医院で教えてもらってくださいね。そして自分自身で行うマッサージは、ご自宅でのホームケアの一環としてお考えください!


歯ぐきのマッサージ.png


<歯ぐきのマッサージのやり方>

歯周病予防・改善に効果的にするために歯と歯肉の境目に45度の角度にハブラシを細かく前後に動かしてみがきましょう。

歯ブラシの持ち方ですが、しっかりにぎ持ち方(パームグリップ)と鉛筆を持つような持ち方(ペングリップ)があります。

みがく場所によって使い分けましょう

ただし、力が入りすぎてしまう方は、鉛筆を持つような持ち方(ペングリップ)がお勧めです。毛先が広がらない程度の力加減でみがくようにしましょう。


前の5件へ 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18
院長紹介 カレンダー

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー アーカイブ