ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

歯ぐきのマッサージ

2018年9月17日

院長イラスト小.jpg

肩こりの原因は、血流が減少し滞ってしまうからなので、肩こりはマッサージをしてこりをほぐして血流改善をすることが大切ですね。

つまり、マッサージは、血の巡りが良くする効果があり、滞っている不純物も排出されるます。

そしてこれは、肩に限局されるものではなく、全身に効果があると言われています。

つまり、歯ぐきのマッサージ効果も例外ではなく、マッサージをすることにより血管やリンパ液の流れがよくなり歯ぐきも以前よりいきいきとしてきます。

ただし、歯周病の治療自体は歯科医院で行うものですので、正しいマッサージの方法を歯科医院で教えてもらってくださいね。そして自分自身で行うマッサージは、ご自宅でのホームケアの一環としてお考えください!


歯ぐきのマッサージ.png


<歯ぐきのマッサージのやり方>

歯周病予防・改善に効果的にするために歯と歯肉の境目に45度の角度にハブラシを細かく前後に動かしてみがきましょう。

歯ブラシの持ち方ですが、しっかりにぎ持ち方(パームグリップ)と鉛筆を持つような持ち方(ペングリップ)があります。

みがく場所によって使い分けましょう

ただし、力が入りすぎてしまう方は、鉛筆を持つような持ち方(ペングリップ)がお勧めです。毛先が広がらない程度の力加減でみがくようにしましょう。



歯みがきするのはなぜ?

2018年9月11日

院長イラスト小.jpg

「どうして歯みがきするの?」と子どもさんに、きちんとお答えできますか?

小さな頃は歯磨きがうまくできなくて、時には「どうして必要なの?」と疑問に感じたことはありませんでしたか?また子どもさんに質問されて「そういえば、漠然としか知らないな」と思った方も少なくはないと思います。

今回は、改めて歯磨きの効果をお話ししたいと思います。

歯を磨くことで、虫歯菌のエサとなる糖や、歯垢を落とすことができます。これが虫歯、歯周病の予防に重要なのです。

そして、歯周病の原因である歯石が付着しにくくするすることもできます。また歯ぐきの血行もよくなり、歯性感染症の抵抗力が高まります。

歯みがきするのはなぜ?.jpg

つまり、歯磨きをすることが、お口の健康を守ることにつながるのです。

当院では、虫歯になった後の歯科治療麻もちろんのこと、虫歯にならないためのブラッシング、歯周病予報のための歯周病メンテナンスなどご家庭でのホームケアにも力を入れています。

いつまでも美味しく、そして楽しく、そして自分の歯で食事ができるように、正しいブラッシング方法で毎日歯を磨いてほしいと願っています、当院にお気軽にお尋ねください♪


保険研修会に行ってきました。

2018年9月 3日

院長イラスト小.jpg

2018年9月1日に診療報酬改定の保険研修会に行ってきました。

平成30年度診療報酬改定の概要の話から始まりました。

この改定から厚生労働省は、地域包括ケアシステムの構築を目指しており、かかりつけ歯科医の機能の評価を充実してきているとのことでした。

そして、新たな施設基準が設けられ、医療法人さかの歯科では、

①かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準

歯科外来診療環境体制加算に関する施設基準

③在宅療養支援歯科診療所施設基準

として厚生労働省から認定されています。(認定率10~15%)

2018-09-01 保険研修会に行ってきました.jpg

保険の内容はとても難しいものですが、しっかりと勉強して患者さんに還元していきたいと思っています。


平成30年9月のさかの歯科の休診日のお知らせ

2018年9月 1日

平成30年9月のさかの歯科の休診日のお知らせ

  2日()     5日(水)
  9日()     11日(火)    この週の12日(水)は診察します.   
16日()  17日(月) この週の19日(水)は診察します.   
23日()  24日(月) この週の26日(水)は診察します. 
30日()  

よろしくお願いします。


『院内感染防止対策、および医療安全研修会』に行ってきました。

2018年8月27日

皆さんこんにちは、久しぶりの投稿となります。

医療法人さかの歯科、副院長の坂野美恵です。

少し前の話になりますが、2018年5月26日(土)に京都府歯科保険医協会の『院内感染防止対策、および医療安全研修会』に行ってきました。

この研修会では、テーマが「明日から実践できるリスクマネージメント」となっています。

この研修会で

1.院内感染防止対策

2.偶発症に対する緊急時の対応

3.医療事故に対する対策・対応

4.高齢者の心身の特性

5.口腔機能の管理

6.緊急時対応

7.AMR対策

を研修してきました。

『院内感染防止対策、および医療安全研修会』.jpg

これがその受講証となります。


前の5件へ 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17
院長紹介 カレンダー

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリー アーカイブ