ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

象牙質知覚過敏症 その2 

2018年5月14日

さかの歯科院長似顔絵拡大.jpg
前回に続き、象牙質知覚過敏症についてお話しします。

その対処法を大事なのは、まずブラッシングです。

皆さんは、歯磨剤をたっぷりつけて歯ブラシしていますか?

実は、歯磨剤をたっぷりつけてみがくと、歯磨剤の中に含まれている研磨剤によって、露出した象牙質の表面をさらに削り取ってしまいます。

通常なら唾液の作用(石灰化)によって象牙細管がだんだん閉鎖されていくことが多いのですが、歯磨剤をたっぷり使っていると、いつまでも閉鎖されません。

つまり、研磨剤の入っている歯磨剤は少量のほうがいいです。少量とは、米粒大くらい乗せれば充分です。(実は私は歯磨剤を全く使っておりません。)

象牙質知覚過敏症2.png

象牙質知覚過敏症のひどい状態になると、歯ブラシをあてるだけでしみることがあります。そうなるとブラッシングがおろそかになってしまうことがあります。その結果、歯垢(プラーク)がたまって歯周病が進行し、歯肉が退縮し、象牙質がますます露出してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

歯磨剤は全く使わなくても、歯の汚れをおとす効率は変わりません。ただ、長年歯磨剤を全く使わないでいると歯の色が着色する場合があります。

気になる方は歯医者さんに行ってクリーニングしてもらうか、あるいは、歯磨剤をほんの少しだけつけて磨いてみるのもいいでしょう。


象牙質知覚過敏症 その1 

2018年5月 7日

さかの歯科院長似顔絵拡大.jpg
象牙質知覚過敏症をご存知でしょうか?

虫歯がないのに、歯の根元(歯と歯ぐきの境目)のあたりがしみた経験はありませんか?

これが、象牙質知覚過敏症です。歯の内部の象牙質という層が外に露出して起こってしまいます。

象牙質は、歯の中心部の歯髄(神経)とごくごく細い管でつながっています。ごくごく細い管は、象牙細管とよばれ、この細い管を通して、冷たい熱いなどの温度刺激や食物の化学成分による刺激を歯髄に伝えてしまいます。この刺激が「しみる」という痛みの症状を感じてしまうのです。

通常象牙質はエナメル質で覆われているので、上記のような現象は起こりません。ただし、歯の根元(歯と歯ぐきの境目)のところは、この象牙質が薄くなっています。噛み合わせの力が長年加わると、歯の根元に応力がかかり、この部分のエナメル質が少しづつですが、欠けてきます。そしてついに象牙質が露出するところまでエナメル質が欠けてしまうと、象牙質知覚過敏症が発現してしまうことになります。

このように、エナメル質がはがれて欠けてしまった状態(根元がえぐれたように欠けている状態)をくさび状欠損と呼びます。

象牙質知覚過敏症1.gif

生体には必ず防御機構があります。象牙質知覚過敏症が発症すると、歯自身が自分を守ろうとして、二次象牙質という新たな層を歯髄内に形成することがあります。そして自然にしみなくなる場合もあります。

しかし症状が強い時や、痛みが長く続く時など、我慢でしない時は歯医者さんに相談しましょう。適切な処置で痛みを緩和することができます。

平成30年5月のさかの歯科の休診日のお知らせ

2018年5月 1日

平成30年5月のさかの歯科の休診日のお知らせ

  ゴーデンウィークのお休みは、
  4月 29日)~ 5月 7日(月)
  となります。

  6日()     7日(月)  この週の9日(水)は診察します.  
13日()     16日(水)   
20日(   26日  (土)      この週の23日(水)は診察します.     
27日(   30日  (水) 

よろしくお願いします。


歯をケガしたらどうする

2018年4月25日

院長イラスト小.jpg

前歯の外傷の経験をした方は結構いらっしゃると思います。

例えば、

①スポーツ中に前歯をぶつけてグラグラになった

②自転車で転んで前歯が抜けた

③ボールが当たって前歯が折れた

④人の肘が前歯にあたって、グラグラになった

など、前歯の外傷は身近に起こりやすいものと思います。


歯をケガしたらどうする?.jpg


ただし、歯の外傷は見た目でわかるものと見た目ではわからないものがあります。見た目でわからないものは、レントゲン検査など検査をしないとわからないことがあります。

歯をぶつけたりした時は、念のため歯医者さんへ行って検査してもらいましょう。そして外傷のタイプによって色々な治療法があるので、歯科医師に相談するとよいと思います。

もし、お子さんが公園で転んで前歯が抜け落ちてしまったら???

そんな時どうしますか?

①抜けた歯は拾わず、すぐに歯医者へ行きます。。。。

実は、これは大間違いですよ。

抜け落ちた歯を救えるかもしれません、抜けた歯を急いで探してください。そして見つけた歯はどうすればよいのでしょうか?

②砂や汚れを落とすためにゴシゴシきれいに洗う。。。

これも大間違いです。

抜け落ちた歯は砂を落とす程度に軽くさっと洗うだけでOKです。(汚れていなければ洗わなくてOK)水道水は、消毒液が入っているので、あまりよくありません。

抜け落ちた歯をティッシュにくるんで、歯医者へ持っていく。。。。

これも間違いです。

すぐに牛乳か保存液に入れ、急いで歯医者へ持っていく。重要なのは、洗うことより歯根膜の保存が大切です。

(適切な保存液がない場合は、口腔前庭に入れて歯医者さんへ行きましょう)


外傷でで抜け落ちた歯が、再度お口の中にくっつくかどうかは歯根膜の元気にかかっています。

でも歯根膜は乾燥に大変弱いので、牛乳や保存液につけて、急いで歯医者さんに行きましょう!!!


「高結晶HAインプラント」の講習会に行ってきました。

2018年4月16日

院長イラスト小.jpg

2018年4月15日(日) の10:00~16:00において、「高結晶HAインプラントの特性を生かした患者目線のインプラント治療」の講習会に行ってきました。

講師は、東京都江東区で開業されている中村雅之先生と、京都港区で開業されている林丈裕先生でした。

私も、シンプルかつ低侵襲な創傷の治癒を妨げないインプラント外科治療を目指しているのですが、今回の講習会では、高結晶HAインプラントの特性を生かした外科治療つまり、多種の考え方・必要なテクニックを教えていただきました。

近年、歯科治療において高結晶HAインプラントは、とても有効性がりあり、良好な長期経過の臨床報告が挙げられています。

例えば、骨形成を期待したい抜歯即時埋入や、骨質が疎な部位などの条件が悪い部位に対し、高結晶HA特有の骨伝導能により最大の効果を発揮します。

安易に骨造成を考えるのではなく、高結晶HAインプラントの骨結合メカニズムを効率的に利用することにより本来不要であった、骨増生などの特別な処置は必要なくなります。

今回の講習会で、目先のテクニック主導ではない、本当の意味での患者目線のインプラント治療のコンセプトを学ぶことができたと思います。

高結晶HAインプラント.jpg


講義内容としては、

①高結晶HAインプラントの特性を生かしたインプラント外科治療

②創傷の治癒を妨げないインプラント外科治療

③治療回数・期間の短縮

④治療期間中のQOLの向上

⑤長期的視野に立った治療計画と上部構造の選択

⑥審美性及び清掃性を考慮した補綴形態


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
院長紹介 カレンダー

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー アーカイブ